当社について :: 用途 :: 重要インフラスキャナー
重要インフラスキャンについてもっと知る

  • 実証された技術で爆発物、ピストル、放射性物質およびその他の禁止品目を検知
  • 原子力発電所のセキュリティ
  • コスト効率が高く、総所有コストが低い

原子力発電施設等の重要インフラは、侵入されると経済的および社会的な影響が大きくなる可能性があるためセキュリティに大きな比重を置く必要があります。 検問所は、施設に出入りするすべての人および物を効率的にスキャンすることでこれらの施設の保護における重要な役割を果たしています。 当社では、爆発物、ピストル、放射性物質およびその他の禁止品目を検知するために設計されたさまざまな検問所セキュリティソリューションを提供しています。

L3 の製品プラットフォームはソフトウェアベースのアーキテクチャであり、将来および新たな必要性に対処できるようアップグレードが可能です。 L3 の最先端のクリティカルインフラスクリーニングソリューションは、処理量が高くコスト効率が良いものになっています。 最先端の検問所には多くの場合、L3 の ProVision® 2 ボディスキャナー、ACX® 6.4-MV X 線装置、および OptEX® 爆発物痕跡検出装置が搭載されています。 ProScreen および CR-Portal™ 放射線検出器が搭載されている場合もあります。 さらに、これらの装置は費用と時間のかかる人とバッグの再スキャンを最小限に抑える一方で、効率の良い重層的な検知機能とともに低い誤警報率を提供します。

L3  Security and Detection Systems は、原子力発電施設のセキュリティに対して重要インフラスクリーニングを提供しています、原子力発電所、低い総所有コスト TCO、設計基準脅威 DBT、防護地域 PA、所有者管理区域 OCA、NRC、DHS