当社について :: 用途 :: 受託手荷物セキュリティスクリーニング
受託手荷物セキュリティスクリーニングについてもっと知る

  • X 線スキャンと画像解析技術の組み合わせ
  • 潜在的脅威と密輸を防ぐため受託手荷物を検査
  • 世界中で、24時間年中無休のサポートの必要性

空港団体や規制機関が高度化した新しい脅威と対峙することに全力を注いでいるため、受託手荷物スクリーニングは成長市場です。 米国では民間空港の預け荷物検査は100%TSAスクリーンを使用しており、EU諸国では多くの空港が、2014年9月導入を目標にEU基準3爆発物探知システム(EDS)の購入に向かって進んでいます。 受託手荷物スクリーニングは、潜在的脅威の可能性のある預け荷物や、武器、麻薬や爆発物のような密輸品を検査する、X線スキャンと画像分析技術の組み合わせになっています。 小さな空港から巨大国際ハブ空港まで、正しいスクリーニングソリューションを導入することは、お客様の環境や、何が最も適しているのかを理解することを意味します。

L3 Security & Detection Systemsは、世界の規制機関の最も厳しい爆発物検知規格を満たしており、独立型から処理能力の高いインライン構造まで、先端技術/コンピュータ技術(AT/CT)システムを備えたフルパッケージの第一人者です。 L3 SDSは北アメリカからアジアまで、そしてその間のあらゆる空港に供給されており、インライン化、自動化され、高度な処理能力を持つ受託手荷物装置が2,000近く設置されています。

TSA 認定および EU 基準 3認定の L3 の MV3D® は、 最高レベルの検知性能を満たすよう設計されています。 その革新的デザインは、EU基準3システムが要求する検知性能を提供する一方で、旧来のEU基準2システムの処理能力と画像品質を生み出し、すべてが非常に高いレベルの信頼性を持っています。 資本投資、人件費およびシステム寿命を通してのメンテナンス費用を削減する一方で、この強力な組み合わせによって、さらなる処理能力を提供します。

L3 SDS は、コンパクトな eXaminer® SX (1 時間あたり 360 バッグ (BPH)) から広く配備されている eXaminer® 3DX (540 BPH)、高速の二重エネルギー eXaminer® XLB (1,200 BPH) まであらゆる処理能力クラスに対して幅広い TSA 認可済みおよび EU 承認済み EDS ソリューションをお客様に提供しています。 MV3D は L3 の EDS ラインアップを強化し、最高レベルの処理能力を必要とする空港に対して 1,800 BPH のソリューションを提供することができます。